コラム一覧
リース以外の選択肢としてのレンタル | コピー機・複合機のレンタルは法人コピー機レンタル「レンコピ」

リース以外の選択肢としてのレンタル

リース以外の選択肢としてのレンタル   

コピー機や複合機を導入する際に、ほとんどの方が思い浮かぶ選択肢としては、リースか購入かの2択なのではないでしょうか。 購入する場合には、当然ながら購入費用がかかるため、初めに高額な料金を支払わなければなりませんよね。 「初期費用にお金をあまりかけられない」という場合には、リース契約を結ぶという方法もありますが、長期期間の契約を結ばなければならないため、初めて起業するという方にとっては不安に思えるかもしれません。 そんな方のためにぜひ選択肢の一つとして考えていただきたいのが、「レンタル契約」というものです。

コピー機・複合機のレンタル

bizhub
  

リース契約の場合、契約期間が最短3年から最長6~7年と非常に長くなっているため、万が一事業がうまくいかなくなった場合、その後は無駄に支払い続けなければならなくなってしまいますよね。 もちろん失敗する事を前提に起業するなんていう方はいませんが、万が一の事を想定してリスクヘッジしておく事はとても大切です。 あまり長期間の契約をするのは不安に感じるという方は、短期間でも契約可能なレンタルをおすすめします。

リースとレンタルの違い

リースの場合、「リース会社が機種を購入してそれを借りる」という契約になります。 リース会社としては、初めに購入した機種代金のもとを取るためにも、なるべく長い間月々の利用料金を払ってもらう必要があります。 なので、リースの場合は長期期間の契約が必須であり、なおかつ原則的に中途解約はできないという事になっています。 しかし、レンタルの場合においては、もともとレンタル会社が所有している機種を貸し出しするため、短期間の契約でも構わないという事になります。 「最短1日からでもレンタル可能」というレンタル会社もあり、気軽に利用する事ができるのが特徴となります。

レンタルのメリット

bizhub
コピー機や複合機をレンタルするにあたり、さまざまなメリットがあります。
  • 短期間での契約が可能
  • リースと違って、最短1日からレンタルする事が可能です。 急きょ1日だけ必要になった時や、一定の期間だけ使用機会が生じるといった場合には、とても役立ちますよね。 また、「起業して会社を立ち上げようと考えているけど長期間の契約を結ぶのは不安」という方にもぴったりの契約なのではないでしょうか。
  • 中途解約もOK
  • 契約を結んでいたけれど、急きょ必要が無くなってしまった場合、中途解約をする事も可能です。 リース契約は基本的に中途解約はできませんので、いつでも気軽に解約できるというのはレンタルならではのメリットと言えるのではないでしょうか。
  • 審査の必要が無い
  • コピー機や複合機のリース契約を結ぶ際には審査がありますので、それが通らなければ契約する事ができません。 しかしレンタルであれば審査の必要もなく契約を結ぶ事ができますので、個人の方でも簡単に利用する事ができます。

まとめ

  

コピー機=リースと思われがちですが、実はレンタルという選択肢もあるんですね。 もしも短期間の利用を考えているという方は、ぜひレンタルコピー機・複合機を検討してみてはいかがでしょうか。

キャンペーン

フリーレントキャンペーン実施中6カ月以上レンタルで1カ月無料に

無料お見積もり

無料見積もり

対応エリア

対応エリアについて
よくある質問
選挙レンタルキャンペーン選挙事務所のコピー機導入レンタル
ハートフルマーク付きコピー機レンタル開始しました
電話見積はこちらから →