法人でのレンタルコピー機・複合機の導入はどうすればいいの?
  • HOME »
  • コラム一覧 »
  • 法人でのレンタルコピー機・複合機の導入はどうすればいいの?

法人でのレンタルコピー機・複合機の導入はどうすればいいの?

法人でのレンタルコピー機・複合機の導入はどうすればいいの?

複合機?プリンター?そもそもなにを選べばいいの?

複合機?プリンター?そもそもなにを選べばいいの?
  

最近起業する方へお話を伺うと「複合機とプリンターの違いはよくわからない」「複合機のランニングコストが高いから、プリンターで運用する」の声をよく耳にします。  

確かに、導入費用は複合機に比べ、プリンターのほうが低いです。しかし、企業活動の中で、コピーやスキャンなどの機能は必ずと言っていいほど必要です。
企業に導入するなら一般的に複合機が優れています。その理由としては、印刷対応サイズ(A3)、印刷スピード・品質やアフターサービスなどの面などで安定した品質・サービスを受けられるためです。

複合機契約には種類がある

複合機契約には種類がある
  

オフィスでよく目にする複合機。短期プロジェクトなどをスタートし、いざ導入したいとなると、どうしたらいいか分からない方も多いのではないでしょうか。契約形態も様々です。コピー・複合機の契約形態は大きく3つ分けられます。
1つ目が「レンタル」2つ目が「リース」3つ目が「一括購入」です。

コピー機レンタルに必要な契約は2つ
法人でコピー機・複合機を契約する場合、メイン2種類の契約をしなければなりません。 コピー機・複合機の本体代金もしくはレンタル代金の支払いに関わる「リース契約」もしくは「レンタル契約」と、ランニングコストに関わる「保守契約」の2つあります。

リースとレンタルの契約にも違いがあります。特に「リース契約」には「リース会社の審査が必要」「途中解約ができない」という点に注意してください。その為、短期プロジェクトなどにはコピー機・複合機の「レンタルサービス」をおすすめします。

レンコピの「レンタル契約」の特徴

レンコピのコピー機・複合機の「レンタル契約」では、主に3つの利点があります。

  • 「審査不要(前金一括払い)」
  • 「一括・分割(要審査)を選べる」
  • 「納品日程の相談可能」など

保守契約ってなに?

コピー機・複合機の修理は原則有償です。有償修理の費用はとても高く、ユーザー様へのコスト負担が非常に大きいものです。それを回避する為、保守契約に契約することが必要です。ユーザー様の印刷ボリュームに合わせ、毎月使用分の「保守料金」を支払っておくことで、「トナーの実質使い放題」や故障時に修理無償対応できるような仕組みのことです。

保守契約のサービス一覧

  • モノクロ○○円/枚、カラー○○円/枚の印刷に単価が設定されている。
  • 毎月使用した分のカウンター料金を契約業者へ支払う。
  • トナーは印刷単価に含まれている。
  • 修理費用も印刷単価に含まれている。

こんな方には保守契約をおすすめします。

  • 「短期にコピー機・複合機を使用したい」
  • 「どのくらい期間を使うかわからないが、コピー機・複合機を使うニーズがある」
  • 「リース審査に通るかわからない」
  • 「複台数のコピー機・複合機の短期にレンタルしたい」
  • 「複数拠点(多拠点)にコピー機・複合機を短期に使いたい」

こういった悩みをお抱えの方はぜひ一度レンコピのレンタルを検討して下さい。「御見積は無料」なので、お気軽にお問い合わせ下さい。