インクジェット,レーザーのコピー機 どっちを選べばいい?
  • HOME »
  • コラム一覧 »
  • インクジェット,レーザーのコピー機 どっちを選べばいい?

インクジェット,レーザーのコピー機 どっちを選べばいい?

インクジェット、レーザーのコピー機 どっちを選べばいい?   

現在のプリンター普及率は、企業・家庭合わせて90パーセント以上といわれています。その殆どがインクジェットプリンターとレーザープリンターに大別されます。主にインクジェットプリンターは家庭、レーザープリンターは企業中心で使われていいます。使う目的や頻度によってふさわしいプリンターを選ぶことで、より快適かつ安心な利用環境が生まれます。そこで、今回はインクジェットプリンターとレーザープリンターのメリット、デメリットを具体的にその違いを検証してみたいと思います。

インクジェットプリンターとレーザープリンターの違い

インクジェットプリンターとレーザープリンターの違い
  

インクジェットプリンターは、インクを粒子化して用紙に直接噴きつけて印刷をするプリンターです。解像度はレーザープリンターと比較しても4倍ほど高く、色合いの再現性も良く写真印刷なんかに向いています。

レーザープリンターは、ドラムといわれる筒状の感光体の上へトナー(色を噴き付けるインク)で、感光体に付着するトナーを用紙に押し付けて印刷するプリンターです。インクジェットに比べて、1つのトナーでの印刷可能枚数が24or5倍ほど多く印刷が可能です。そして、文字印刷のスピードも速く、資料はじめ大量に印刷する際に向いています。

インクジェットプリンター導入のメリットとデメリットは?

インクジェットプリンター導入のメリットとデメリットは?

    メリット
  • 高解像度印刷に適している
  • 消費電力が省力できる
  • 筐体サイズがコンパクト
    デメリット
  • インクの交換と給紙の頻度が高い
  • 印刷スピードがゆるやか
  • インク詰まりが起きやすい(特に利用頻度が低いと)
インクジェットプリンターは高解像度で、色の再現性が高いので写真印刷に適しています。また、プリンターサイズがコンパクトなので家で使うことにも最適。一方で、インク交換や給紙の回数が多く、手間がかかるデメリットもあります。

レーザープリンター導入のメリットとデメリットは?

    メリット
  • 印刷スピードが速い
  • トナーの交換回数が少ない
  • 1枚あたりの印刷コストが安い上にニジミも少ない
    デメリット
  • 解像度が低い
  • 本体サイズが大きい上に、消費電力も多い
  • 消耗品の価格が高い(トナー、感光体)

レーザープリンターは印刷スピードが速く、トナー交換頻度も少ない上に、安価な印刷コストや滲みづらいというメリットがあり、大量印刷を大量に行なう企業や団体なんかに適しています。一方で、トナーや感光体等の消耗品は高価ゆえ、メンテナンス費用が嵩むデメリットもあります。また、サイズが大きいことから場所をとることもデメリットとなります。

まとめ

    「インクジェットプリンター」がおすすめの方
  • 美しくに写真印刷がしたい
  • 大量印刷は普段しない
  • 「レーザープリンター」がおすすめの方
  • 大量印刷をする
  • 印刷コストを低減したい
  • 消耗品のメンテナンス等にコストや手間を掛けない

インクジェットプリンターとレーザープリンターのメリット、デメリット両面から紹介してみましたが、どちらを選ぶと良いか決まりましたでしょうか?通常はインクジェットプリンターは家庭で多用され、レーザープリンターは企業や団体向きといわれています。ご希望の使い方にふさわしいプリンターをお選びください!